東京での事務所開設は貸事務所が最適!そんな情報を詳しく解説します
 

東京の貸事務所の広さについて

東京の貸事務所の広さは、もちろんそれぞれ違います。会社の人数によって、利用する人の人数によって広さや間取りを決めればよいです。

東京・銀座のレンタルオフィス・バーチャルオフィスの「bizcube」は、銀座というハイステイタスな土地で、利用者の予算や用途に合わせて広さなどを選ぶことができます。非常に便利な貸事務所で、立地としても最高と言うことができます。「bizcube」は大きく分けると、3つのサービスに分けることができます。貸事務所の「レンタルオフィス」や「バーチャルオフィス」、そして「貸会議室」の3種類があります。レンタルオフィスのお部屋も、利用人数によって事務所の広さを変えることができます。1人、2~3人、3~4人、4~6人に分けることができます。基本利用料金の他にも、電気・水道・空調機や電話・FAXの回線の基本料金をプラスした共益費などがかかります。人数によって、事務所の広さを決めると余計な費用がかかりませんよね。起業によっては、事務所に1人か2人いれば十分のところもあり、そのために事務所を設立するよりも、レンタルオフィスを利用した方が本当にお得なのです。特に、銀座のように賃貸料は非常に高額な土地であれば、尚更そうです。普通にお部屋を借りて、ビルのワンフロアを借りて事務所にするよりも、レンタルオフィスを利用した方が良いです。特に、「bizcube」は東京メトロ銀座駅から、徒歩で1分の場所にあり、銀座エリアの中でも中心に位置している、デザインオフィスですので見た目も非常にお洒落な作りなっているのです。防音性も非常に高いですし、個別空調がありますので、女性でも快適に利用することができますね。会議室も、8室用意してあるので、1時間あたりの利

 
用料金が1000円からと、とってもお安いところも注目です。

東京は、場所によって大きく費用がかわります。なんと言っても、間取り・広さは大きなポイントなのですが、特に、パソコンを使ってお仕事をしている会社の場合は、それほど場所を必要としていませんので、最低限の利用で構わないのです。貸事務所であれば、自分最低限度の利用で、最低限度の費用で使用することができるので便利です。

 
PAGETOP PAGETOP