東京での事務所開設は貸事務所が最適!そんな情報を詳しく解説します
 

東京の貸事務所 借りる時期について

貸事務所を利用する時期としては、やはり年度始めくらいが丁度良いです。“新春キャンペーン”などを行って、仲介業者であれば、紹介手数料をその時期だけ無料にしていることもありますし、実際にレンタルオフィスを提供している会社でも、キャンペーンを行っています。

東京の貸事務所の場合、出入りが激しいとも言われています。オフィスを移転することもありますし、上手くいかなければ費用がかかりますのでより安いところに移ったりします。レンタルオフィスを利用している人は、借りる時期や入居する時期に困ってしまうものです。レンタルするまでにかかる時間などを考えて、よりよい時期を考えてください。

東京のレンタルオフィスがだんだんと進化してきています。起業をする“起業家”のための貸事務所としては「レンタルオフィス」から、「インキュベーションオフィス」、「そして「コーポラティブオフィス」へと進化してきているのです。「レンタルオフィス」は場所の提供・場所貸し、「インキュベーションオフィス」は、起業家の支援があり、そして「コーポラティブオフィス」は、起業家同士の協働のことを言います。これらを考えた上で、東京で貸事務所を利用して成功することができる法則を上げてみます。まず、場所としては23区がベストです。特に山手線の内側が良いですね。それから、価格なのですが、1席5万から…最高でも6万円が妥当です。このように、成功する貸事務所というのはある程度決まっているのです。

レンタルオフィスを借りる時期としては、予算や立地など、自分にとって良い条件を見つけたら、すぐにでもそこに決めるべきです。レンタルオフィスを利用したいと思っているのは、1人だけではなく何十人もいるものですし、実際に、2、3日時間をもらって考えて、いざ借りようとした時には他の人に借りられてしまっている…ということは、普通にありえることです。早めの決断が重要です。特に、起業家が入居するようなインキュベーションオフィスは人気がありますので注意してください。

 
 
PAGETOP PAGETOP