東京での事務所開設は貸事務所が最適!そんな情報を詳しく解説します
 

東京で貸事務所を借りる場合の予算について

東京で貸事務所を借りるときは、やはり“東京”であるだけに、費用も他の県よりは高額ですので、予算はしっかりと立てておくべきです。予算を立てて借りなければ、費用が多くかかりすぎてしまったり、起業家にとって最初の段階が大事ですので、好立地の場所などを選ぶべきです。レンタルオフィスを借りる予算は、多めに見積もりを持っておくべきです。

レンタルオフィスを借りる上で、重要なのが料金です。起業家などが1ヶ月のみ借りる…なんていうことは絶対にないので、敷金や保証金はいらないことが多いです。普通は、半年から1年は借りるようになっています。

予算なのですが、起業する会社の種類によっても違うものなのです。士業や外資系には、個室型のレンタルオフィスが良いですし、ベンチャー起業家には、オープン型が良いです。そうなると、貸事務所の予算の決め方も違ってくるものなのです。レンタルオフィスの場合は、事務所の形態によっても料金が変わってくるものなのです。それから予算としては、会議室の利用料金や、秘書の代行機能料金、ロッカーや荷物の受け取りなど、貸事務所の利用料金の他に、他の設備の利用などの料金も予算として考えておくべきです。

東京の貸事務所を利用する場合、1室ではなく1席計算をすることがあります。これは、一人で起業した時などに、パソコンさえ利用できればよかったりするからです。このような時などは、だいたい1席5万円~6万円程度を予算と考えるべきです。起業の重要なポイントは“営業”ですので、東京の中でも好立地と呼ばれる場所に貸事務所を借りるべきです。最初の段階が非常に需要ですので、1年くらいはよいよい場所に借りておくべきなのです。移転するとなると、顧客が離れていってしまうと思ってしまいますが、そのような企業でしかなければ、この先も上手くいくはずないのです。1年間、よいよい場所で営業などにも力を入れて会社を軌道に乗らせることが1番大切なのです。

だいたいが、東京とないの貸事務所を利用する場合…2~3人の事務所で15万くらいを予算を考えている人が多いです。もっと人数が多くなったり、場所が好立地になると20万、30万と予算を考え直してください。

 
 
PAGETOP PAGETOP