東京での事務所開設は貸事務所が最適!そんな情報を詳しく解説します
 

東京の貸事務所について

貸事務所は通称“レンタルオフィス”と呼ばれていて、事務所の業務に必要不可欠である椅子や机、それから執務空間などを備えたオフィスとなっています。通常、事務所を設立する場合は、自前で賃貸契約を結ばなければいけませんね。ビルのオーナーから事務所を借りて、必要な椅子や机などを全て自前で揃えなければいけないです。それが、レンタルオフィスを利用すると、普通ビルオーナーから事務所を借りるよりも、非常に安い費用で、借りることができるのです。貸事務所によっても、さまざまなタイプに分類することができますし、課金方法などの違いもあります。起業をする時に、最初に必要な事務所を設立するときには、非常に便利なサービスとなっていて、起業オフィスとしての利用が1番多くもあります。

東京は、マンションやビルが立ち並び日本の中心部分として、経済の中心部分として多くの会社があります。特に、東京都内にはレンタルオフィスの数が、約100箇所以上あり、スペースの広さ、それからサービスの高さによっても費用が大幅に違います。月額システムとなっているのですが、他の県に比べると費用はやはり高いです。ですが、交通などのことを考えると、会社の事務所が東京都内にあるということは非常に便利でもあります。特に、レンタルオフィスの場合は会社の登記をする時の住所としても使用することができるところもあり、会社を起業させるときの、まだ成功するか失敗するかわからない段階で使用するときには非常に良いのです。

貸事務所を借りると同時に、入居する時には事務所の開設になりますので、税務署に開業の届出をする必要があります。税務署に届出をしなければ、脱税になってしまうこともありますので、これから起業する人は十分に気をつけてください。

東京にはさまざまな貸事務所があります。いくつか種類を上げてみると…「時間貸し」、「バーチャルオフィス」、「サービスマンション・サービスアパートメント」があります。中でも、1番一般的なレンタルオフィスの形が「時間貸し」タイプのもので、東京都内のほとんどが、この時間貸しの貸事務所となっているのです。机や椅子の数も、スペースもさまざまありますし、中には貸し会議室を備えているものもあります。

 
 
PAGETOP PAGETOP
Copyright © 東京の貸事務所ビギナーズ All Rights Reserved.
カーボンファイバー アスクル 注文 パンフレット 冊子 カタログ 印刷 エレベーター